2014.09.28 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.06.26 Sunday

比叡山ヒルクライム レポート

 レース内容を書いておこう。

レースの計測データ(大したデータじゃないけどね・・・)
http://connect.garmin.com/activity/94920513

それと俺はヒルクライマーじゃないぞー!

比叡山まで自走予定だったけど、
朝起きると雨だったので車で移動

久しぶりのレース会場、
何年かやってると顔見知りの人がたくさんいるので、
まずはあいさつ周り。

スタートまで時間があまりないので、
バタバタと受付を済ませて準備。

スタート地点まで向かう、
これがウォーミングアップ。
もっとしっかりやらんといかんのだけど。

スタート地点ではあいさつ等のセレモニー、
三船GMがお立ち台にいるのが見ていて変な感じ(笑顔)
昨日はブルぺ400km?を16時間で完走、
獲得標高は1000m級の山を3本+αで3700m
きのうから一睡もしていないらいしい、
これで比叡山を登るのだから変態だ!

いよいよスタート数分前、
(初E1レースで緊張。)

その前にボトルから一口飲んで、
ホルダーにさしたらホルダーのボルトが折れやがった!
なんじゃこりゃ!
二月で3度の落車、そして骨折等々の(詳しくは過去のブログで)
悪い流れはやはり続いているのか!

と、凹んでたら、
自転車を動かしてないのにチェーンが・・・!
落ちた。
なんでやねん!

もうだめだ(涙)

そんなこんなでなんとかスタート!

そのあとはクライマーじゃないのであとの祭り。
1キロまで集団にぶら下がるが、
そのあとは一人旅。
もう少し走れると思ったんだけどなぁ
心拍はレブをたたきまくり(汗)

すでに40位以下、
即、心も折れる。
あとは完走を目指そう。
ってか何にも話すネタがない

残り3kmくらいでE2の〇脇くんを含む先頭集団を見送ったくらいか、

そのままゴール。

前から気づいていたが、
クライム能力がないことが今日証明されました。
これが収穫だな

自己分析として、
仮に鎖骨が折れてなくて調子がよくても、
縮められてあと2分だろう。
ロードレースを楽しもう!


E2〇脇君優勝おめでとう!
このままE1も制覇か!?

そのあとでK藤さんに事件が、
いろいろありまして。
一つ目のはみんなご存じの方も多いですが。

そのあと続きが、
うっふっふっな事になってたんですね

何か持ってる男だね。
2011.06.26 Sunday

比叡山ヒルクライム E1 リザルト 結果

 45位!?
詳細結果は↓
http://arukoukai.jugem.jp/
2010.01.03 Sunday

結果はいかに・・・

 朝四時に出発、
着いたのが6時半、
会場には誰もいません、
7時半にようやくスタッフの方登場!

手作りの大会なので、
会場もこじんまりとした感じ。

スタート1時間前にようやく選手が到着し始める。

そろそろ準備に取り掛かり、
バルムRED1クリームを足に塗るが・・・

ここで大失態!
ちんちんにバルムが!!
出火してしましました

スタート地点に向かうため、
山を下り、
いよいよスタート、
参加者は30名ほど。

スタート後はゆっくりペース、
100mも行くと10数パーセントの急勾配、
兄貴が先頭を引く、
1km程の急勾配区間が過ぎたところで4人に絞られる。

このまま中間の平坦区間が終わったところ(2/3位のところ)
でグランパールの方がアタック、
10m位離れるが喰らいつく、
そのまま3人でラスト100mまで来たところで、
持病が・・・
えづいているところで仕掛けられ、
そのままゴール。










3位でした、
で、
もう一人はと言うと2/3のところのアタックで千切れたらしい。
前年のタイムより30秒ほど早いタイムでした。


2レース目、
グランパールの方はMTBクラスで出場、
なので兄弟とサカタニレーシングの方3人が本命でスタート、
序盤はやはりスローペース、
様子を見ながらすすむ。

先ほどアタックがかかったところで、
今度は兄貴がアタック、
集団は追わず放置プレー(逃げて兄貴が勝てばいいので僕は追わない)、
残り500m位で30m程の差がついたので、
このままいけるやろう!
がしかしサカタニの方がダンシングで追走!
出来るだけ足を残すため、
シッティングで後を追おう、
ラスト50mで兄貴が捕らえられたので、
あとはゴールスプリント、












やはりラストのスプリントは得意みたいです。


最後にヒルクライムでは前代未聞のリレー、
4チームのみでロード表彰台で参加は、
兄弟だけ。
楽勝、賞品だけもらって帰るか・・・

でスタート前に急遽、
ソクセキチームが結成された、
1レース目の1位、2位と女性のチーム。

これはマズイ、
しかも、腹筋がやばい状態、
なのでリレーの交代順番を兄貴が先に変更。

2/3を走ってもらう、
持ち場に移動しんどいので上の方で待つ、
そこへグランパールの方が最終走者として、
同じ位置へこられた(マズイやられる)、
来るまで時間が掛かるので、
待ちながら歓談。

そして遠くの森の中を先導者が通過、
次に黒色のジャージの選手、
兄貴が見えない、
で先頭で現れたのが女性の方、
そのうしろ30m遅れで兄貴が、
力の差を考えるとこれはマズイぞ!

バトンタッチ、
ここから兄貴は交代地点から車に乗りレース観戦。
30秒ほどで追いつき、
後ろについて息を整える、
でもペースが上がらないので、
抜くか迷うが、
抜いてみたら離れていく、
まだ距離があるので余りペースを上げず、
坦々と走り、ラスト100m位でダンシングでの追い上げを受けるが、
こちらもすかさずダンシングでゴール










なんとか抑えきれました。

兄貴の話では、
ライバルが3人チームと言うこともあり、
前半のペースがかなりの速さだったみたい。
おつかれさん。

小じんまりと大会でしたが、
サービスでお雑煮が出たりと、
ほのぼのとした大会で楽しかったです。
スタッフの方、参加者の方、
ありがとうございました。

今回の経験としてヒルクライムの駆け引き、
山でのゴールスプリントなど、
得るものがあって、
正月から良い経験が出来ました。
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recommend
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM